新しい起業の形 「コワーキングスペース」 とは。

こんにちわ。

前回の記事では企画マンっぽい事を書きましたが、
今回は少し切り口を変えまして 起業 についてです。

o0570035012655330308.jpg

さて。
このブログをご覧の皆さんはおいくつ位の方々なんでしょうか?

自分は30代ですが、30代というと一昔前のCMじゃないですが、
「会社をやめ~たヤツがいる♪ 会社に残った俺がいる♪」とか、
身近な話として見聞きする機会が増えてきているんじゃないでしょうか?

今回はそんな、「どーすんの!?俺」世代の方にとって、
知っておくと得をする(かもしれない) コワーキングスペース について書いてみます。



コワーキングとは?


 まずは定義から。
 以下、Wikipediaからの引用です。
コワーキング(Coworking)
  コワーキングとは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを
  共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。

  一般的なオフィス環境とは異なり、
  コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。
  通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、
  出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が
  興味を持つことが多い。

  (以下略)

wikipedia
 
 端的に言うと 「これから起業するぞ!」 と思った時に、
 必要なハードウェア(場所、ネットワーク環境、一部事務製品)を
 まるっと低価格で貸してくれるスペースの事となります。



何が便利なのか?


 上気した通りですが、
 「オフィス」としての機能を一から揃えようと思うと結構大変です。

 例えば家賃だけでも、
 狭いオフィスだったとしても東京や大阪に居を構えると毎月10万前後は必須でしょう。
 更にその前には、高額や敷金・礼金がかかり、そこに水道・光熱費等が実費が上乗せとなり、
 あっという間に十数万。

 それに対し、コワーキングスペースであれば1か月2万~5万程度で済む上、
 電気・水道代などは込みこみ価格、多少のオプション料金を払うだけで固定電話番号を貰え、
 コピー機が使える(紙代等は別料金が多い)等、「オフィスを手頃な価格で手に入れる事」が可能です。
 


同じ志の仲間にも出会える


 多くのコワーキングスペースで共通している特徴として、「他の起業家の卵達との出会い」があります。
 
 前述の通り、お金も安定した収益も無い起業家にとってはありがたいスペースであることから、
 他の起業家達も利用している事が多いです。
 その為、同じ生みの苦しみを味わっている同年代・同様の志を持つ人達と出会えたり、
 将来のビジネスパートナーになれたりする可能性を秘めていたり(も)ます。
 


利用時間の制限がネックになるかも


 一方でコワーキングスペースは「営業時間」が決まっている事が殆どです。

 従って「今日は無理して徹夜じゃー!」とかはできず、
 どんなに忙しくても利用時間が過ぎると営業終了となってしまいます。 

 こちらについては悪い面・良い面の両方があり、
 悪い面は上記の通りですが、良い面としては「営業時間内に仕事を収める技術」が身に付く、
 とも言えるかもしれません。



まとめ+情報いろいろ


 簡単な情報のまとめではありますが、「コワーキングスペース」という働き方、
 これから起業を目指す方にとっては1つの選択肢としてもよいのでは無いでしょうか?

 以下に便利なサイトを見つけたのでリンクをしておきます。


   ■コワーキングスペース一覧・東京
    →コワーキングスペース・東京

   ■コワーキングスペース一覧・大阪
    →コワーキングスペース 大阪

  ■コワーキングスペース・ポータル(検索サイト)※東京限定
    →コワーキング ポータル

  ■コワーキングNeaverまとめ
   →コワーキングNeaver

  ■コワーキングについて
   

つながりの仕事術~「コワーキング」を始めよう (洋泉社新書y)





ではではまた次の機会に。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。