モンスターズ・ユニバーシティ(MU)入学のススメ!

こんにちわ。
暑い日が続きますね。


前回は音楽のお話をさせて頂きましたが、
今回は、この夏の話題の映画 「モンスターズ・ユニバーシティ(MU)」 のお話です。

この先、あらすじや印象に残った点等、
少なからずネタバレをします。

なるべくネタばれは薄目にしつつ、映画の見所等を書きますが、
ちょっとでも嫌という方はこの先には進まないで下さいませ。

monsters_university_2013_movie.jpg

さて本題です。

今回のお話はタイトルにもなっている「ユニバーシティ(大学)」が舞台です。
前作では2人が出会った後のドタバタ劇を描いていましたが、
今回は2人が初めて出会った時のお話になっています。


あらすじ(ちょっとだけ)


 今回の主人公はマイク(緑色の方)です。


 幼い頃に「社会見学」としてMI(モンスターズインク社)に訪れたマイクは、
 そこでプロの「怖がらせ屋」達の仕事を目にします。

 人間の子供達の悲鳴や叫び声を蓄え、エネルギー源としているこの世界では、
 プロの怖がらせ屋達は、人間界での野球やサッカーのスター選手と同じような存在です。

 ひょんな出来事をキッカケに、
 少年マイクはそんな怖がらせ屋達の1人と言葉を交わすことができました。

 彼は言いました。
 「最恐の怖がらせ屋になりたければモンスターズユニバーシティ(MU)に行くんだぞ」と。

 幼いマイクはその日の原体験をずっと胸に秘め、
 10数年後、見事MUへの合格を果たします。
 

 憧れていたMUへの入学。そしてキャンパスライフ。
 全てがバラ色に染まるサクセスストーリーの始まり… のハズでした。

 が…。
 同じ日に入学してきたエリート一家のホープ 「サリー」 との出会いから
 彼の思惑は少しづつ斜めにずれていくのでした…。



見どころ


 今回の映画の見所は、
 「マイク」と「サリー」が如何にして”バディ(相棒)”になっていったのか?という所です。

 多くのバディ映画がそうであるように、
 今作MUにおいても、2人の初めての出会いは”最悪”から始まります。

 名門の生まれで体躯や強面にも恵まれたサリーと、
 努力と情熱は一流でも、才能は二流なマイク。

 サリーはマイクを見下し、マイクはサリーを見返したい、
 そんな関係が今回のマイクとサリーの関係性の軸になっています。

 そして「あるキッカケ」を機に2人の間にあった溝が埋まり、
 少しづつ ”最高のバディ” へと成長を遂げていく…、
 そんな展開が小気味良いバディムービーだったと思います。


テーマ性とか


 ストーリーとして「恵まれている者」と「恵まれてない者」の対比を終始描いています。

 それでも「諦めなければ夢は叶う」というテーマ性を軸に、
 マイクの「ブレ無い男のカッコよさ」が随所に描かれています。

 特に印象的だったのが(この下、ちょっとネタバレです)、
 MIで働くプロの怖がらせ屋達を指してマイクが言ったセリフで、

 
  「彼らに共通している事って分かるかい?」
  「一つも共通してる事なんてないのさ」
  「みんなが自分の強みを活かしてる!」
 

 といった(趣旨の)セリフです。

 人種のるつぼと言われるアメリカ映画ならではの表現だとは思いますが、
 この言葉はどんな世代の、どんな人にも刺さる一言なんじゃないかと思います。

 この辺りに今回のMUで描きたかった事が詰まっていると感じます。

 

まとめ


 総論としてはとっても良い映画だったと思います。
 ドタバタ劇の精度では前作の方が上ですが、今回は物語性がよかったと思います。

 そういう意味では、
 前作よりも年齢層が上がってしまったかな?と感じなくはないですが、
 そこは見る側の加齢に合わせてくれたのだろうと勝手に理解しています(笑)

 因みに、個々には語れませんが、
 前作MIで出ていたキャラの若かりし頃等も描かれており、
 続編もの映画ならではの「前作をよく知っているとニヤっとできる楽しみ」は
 しっかりとありますので、これから見に行く方は前作の確認をお忘れなく!

 ではではまた次回。




情報いろいろ



 ■MU 予告編
 

 ■MU 上映劇場
   → コチラ(Disney公式ページ)
 
 ■MU 上映スケジュール
   → コチラ(MovieWalker公式ページ)

 ■前作【モンスターズインク】 Blu-ray 販売 / レンタル
   モンスターズ・インク (ブルーレイディスク)   モンスターズ・インク (ブルーレイディスク)・レンタル


ではではまた次回。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。