無料でアプリが作れる「JointApps」をDLしてみました。

こんにちわ。


前回は 個人名刺 についての記事を書きましたが、
今回は Androidアプリ の事を書きます。

さて。
皆さんは JointApps ってご存知でしょうか?
8月の末頃にリリースされたAndroidのアプリなのですが、
これがちょっとした 変わり種 のアプリなのです。

o0464018712676481311.jpg

JointAppsとは


 JointAppsとは「プログラムの知識不要」で「無料でアプリが作れるアプリ」の事です。
 Androidでアプリを作ってみたいけど、プログラムは難しいし。。と、
 諦めていた方々にとって面白いアプリになっています。

 実は自分もその一人です。
 実際にはAndroidの開発環境のDLまでしましたが、やっぱり心が折れて諦めていた口です(笑)

 

どうやって作るのか?


 最低限の環境構築が必要です。
 と言ってもとっても簡単。

  1: JointAppsのポータルサイトに登録( →コチラ )
  2: JointAppsのアプリをお手持ちのAndoroid端末に落とす( → コチラ )

 まずはここまで。
 それぞれの登録が完了したら開発環境は整います。

 簡単に説明すると、
 「JointAppsのサイト(WEBブラウザ)上でアプリの動作を作成」し、
 「手元のAndroid端末にそれをDLして動作確認する」という仕組みになっています。
 勿論、無料。



実際、作ってみよう!


 というわけで登録して試してみました。
 アプリを作成するには以下の画面で「マス」に「パネル」を配置するだけで作成できます。


 こんな画面に…
 o0500026012676502487.png

 こうやってパネルをはめるだけ!
 o0500028012676506617.png



確かに簡単! …だけど。。


 実際、
 マニュアルを読みながらやってみると15分くらいで動くものはできました。
 プログラムの知識不要というだけあり、一切、プログラムはしなくてOKでした。

 けれど、自分はしばらくはこのアプリを触ろうとは思えませんでした。
 以下、理由です。

  1: 操作は簡単。しかも無料。だけど思ったような動作にするのは難しい。
  2: 操作と動作に慣れてもあまり大したことが(今は)できない。
  3: 作ったアプリがアップされるのはJointAppsを持っている人にだけ。

 こんなところです。
 一番のネックは「1」で、多少プログラムをかじったことのある自分でも、
 けっこう「ん?あれ?どういう事だこれ…?」「あー。。並列処理なんだ!」とか、
 結局のところ、プログラマブルな考え方は要求されてしまいます。

 もう少し直観的な動作になっていればよかったんですが、
 案外難しい思考を要求されます。その割にできることが限定的。。


 今後追加コンテンツも増えていくみたいですが、
 「アプリが作れるアプリだ!」と、ちょっと期待が大きかっただけに残念でなりません。



まとめ


 今のところ、「無料でなんちゃってAndroidアプリが作れる」という事以外に、大きな喜びはなさそうです。
 今後に期待のアプリだと思います。以下、リンク情報等。

 
 ■GooglePlay
  → JointApps


 ■サンプル動画
  
  



ではではまた次回。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。