ゲーム業界の隠れ大イベント CEDEC に参加してきました

こんにちわ。
暑い日が続きますが皆様如何お過ごしでしょうか?


さて。
前回は 「意外と知らない Googleトレンドについて」 と題しまして、
ビジネスTipsの記事を書きましたが、今回はゲーム業界ネタとなります。

去る8/21~8/23の3日間、
ゲーム業界のビックイベントの一つ CEDEC に参加してきました。

o0432012012661662722.jpg


と言っても…。
一般の方には 「CEDEC?なにそれ?」 という感じかと思います。
実際、業界人の中でも「なにそれ?」という人もいるくらいでして、
今回はそんな CEDEC とはなんぞや?という豆知識のお話です。

CEDECとは?


 CEDECとは 「Computer Entertainment Developers Conference」 の略で、
 ゲーム業界の人間が集まり、その年のホットな話題・技術・ノウハウについて、
 情報共有や研究成果を発表し合う大規模な勉強会の事です。


 どのくらい大規模かと言うと。。


 横浜パシフィコの…
 o0540041012661675539.jpg


 こんなメインホールが…
 o0431025412661675538.jpg


 ゲーム開発者だけで満員になるくらいの規模です。
 いや。ホントに。

 体感ですが1000人くらいいるんじゃないでしょうか。。
 自分も「あれ?ゲーム開発者ってこんなにいるの?」って思うくらいですから。



どんな事を話すの?


 これについては毎年マチマチですが、
 ここ数年はソーシャルゲーム関連のノウハウやチームマネジメント関連のノウハウが多いです。

 今年はそこに、家庭用ゲーム機向けFreeToPlayのノウハウや、
 家庭用ゲーム機向けのオンラインゲームに関するノウハウのセッションが多かったように思います。

 実際、このCEDECで話される内容は、
 市場的にも業界的にも直近数年でホットトレンドになるであろう事を
 真剣に吟味した上で発表がされるので、下手な市場予測を見るよりもずっと正確性に富む内容です。



大学生になった気分で朝から晩まで講義!


 社会人になってから 朝から晩まで講義を聴く なんていう経験ありますでしょうか?
 このCEDECでは、朝の9:45~夜の18:45まで昼休みと途中休憩を除いて、
 みっちりセッションが組まれています。それも3日間。

 受講者は自分で好きな講義を選び、
 好きなだけ聞いて自分の興味ある分野の知見を掘り下げる、という事が出来ます。
 とっても素敵です。



最大のお楽しみ DevelopersNight とは!


 そんなCEDECの最大のお楽しみは2日目の夜に開催される DevelopersNight です。

 何かというと、
 有料の立食パーティなのですが、普段横の繋がりの少ないゲーム会社の人間同士が
 横の繋がりを求めて名刺交換しつつ楽しくお酒や夕食を食べ、人の輪を広げる場です。

 実際自分も、今年は会期中に仲良くなれた人たちがいて、
 立食パーティ後にも個人的に飲みに行く事ができました。

 もしかすると、この方たちとお仕事をすることもあるかも?
 と思うと非常にワクワクして仕方がなかったです。

 

まとめ


 今回はオチのようなものはありませんが、
 一般の方には殆ど知名度の無い「CEDEC」について豆知識として記事にさせて頂きました。

 ゲーム好きな人と話をする際に「今年のCEDECでこんな話があったんだってさ。」
 なんていうと「なにそれ??」と喰いつかれる、、かも?(笑

 話のネタにでもしてみて下さい。



関連リンク



 ■CEDEC2013公式
  →CEDEC2013公式

 ■CEDEC 2013 ドラクエ10セッション
  → ドラクエ10

 ■CEDEC2013 バトルオペレーション
  → バトルオペレーション

 ■CEDEC2013 モバイルゲームのネイティブ化
  → モバイルゲームのネイティブ化



ではではまた次回。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。