意外と知らない Googleトレンド について

こんにちわ。


さて。
今回は意外と知られていない Googleトレンド についてです。
Google.jpg
まず初めに。
皆さんは Googleトレンド ってご存知でしょうか?

お恥ずかしながら自分は知りませんでした。
つい最近まで。

とあるキッカケで知ることになったのですが、
今回は知っておくと便利な Googleトレンド についてご紹介します。

Googleトレンドとは


 Googleのトップページで「Googleトレンド」と検索すれば出てきます。
 以下のような画面が現れるハズです。

 o0500006212659336867.png



何をするものなのか?


 名前で殆ど想像はつくと思いますが、この機能は、
 「いま、Googleで、どんなキーワードが、どれだけ検索されているか?」を調べるツールです。

 誰でも無料で利用できる上、結構な精度で情報を入手する事ができます。
 早速例を示してみましょう。


  例1:Googleトレンドで「風立ちぬ」を検索
   少し前に 記事 を書いた 風立ちぬ を検索してみます。
   すると以下のような検索結果が出ました。

   o0800073912659348026.png

   こちらは直近3か月でのキーワードに対する検索ボリュームの推移表です。
   7月の公開頃のタイミングで検索数が飛び出しているのが分かります。



  例2:Googleトレンドで「モンスターズユニバーシティ」を検索
   では次に、こちらも少し前に 記事 を書いたモンスターズユニバーシティを検索してみます。
   今度は以下のようなグラフが表示されました。
 
   o0600055812659347943.png

   同じような形ですが検索のピークは、ややMUの方が早いように見受けられます。
   ただ、比較という点では少々見づらいものがあります。
   という所で。
   


  例3:Googleトレンドで「風立ちぬ」と「モンスターズユニバーシティ」を検索
   Googleトレンドの便利な点として複数の検索キーワードを同時検索する事もできます。
   複数のキーワードを「,」で区切ってやる事で以下のような検索結果が表示されます。
   青が風立ちぬで、赤がMUです。

   o0800075812659347944.png

   いかがでしょうか?
   推移の曲線としては近いものがあるにも拘らず、その総量は5倍近い開きがあります。



このように誰でも簡単に、Googleを使う感覚で使える「Googleトレンド」。
ビジネスマンの皆さんのマーケティング活動や企画書作成のヒントにしてみてはどうでしょうか?

データの読み方には色々と推理を働かせる必要がありますが、
単純に面白いし、便利に使えるのではないかと思います。



余談(おまけ)


 余談ですが。
 このGoogleトレンドを会社規模で本格的に取り入れている会社があります。

 自分も知らなかったのですが、
 実は「Walmart」がそうなんだそうです。

 会社レベルでこの機能を使い、一定の方程式を元に期待値を算出し、
 その数値に基づいて仕入数を決めたりしているそうです。
 ちょっとしたトリビアですが、面白いなぁ、、と感じました。

 皆さんも同じように感じましたら、
 FacebookやTwitterでシェア(いいねも)してもらえると嬉しいです。



ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。